バナーデザインで陥りがちな傾向

バナーデザインをしていく上で、誰もがよくやってしまうことがあります。



それは、




あれもこれもと書いてしまうことです。





バナーという小さいキャンパスの中でたくさんアピールしたい気持ちが溢れてしまい、いろんなことを書いてしまいがちです。




アピールポイントをたくさん載せたい気持ちはわかりますが、その部分はリンク先のサイトにじっくり記入しましょう。





バナーの役割というのは、「いかにクリックされるか」が一番重要なことなのです。




バナーデザインは盛りすぎ注意?!

バナーが視認されるのはほんの一瞬です。



そのバナーで、あれもこれもと盛り込み過ぎると当事者意識が薄まり、クリックされにくくなります。



「刺さる言葉」をシンプルに記述することで、メッセージ性が高くなります。





盛り込みすぎなのは、テキストだけではありません。






画像やデザインを凝りすぎて、いろいろ盛り込んでしまうとそのバナー全体が”絵”として写り、こちらもメッセージが薄まります。




この陥りがちな点に気をつけてバナーデザインに取り組んで下さい。






デザインマスターの公式サイトはこちら




バナーデザイン作り方|効果が出るバナーの作り方

そもそもバナーとは、バナーのみを探したり、目的をもって検索する対象ではありません。


どこかのサイトを訪れた時にあるものです。



つまり、バナーデザインで大切なことは、バナーを見ている人の潜在的な意識に訴えて、当事者意識を持たすことが重要なのです。



言い換えると、「この広告はあなたに関係するものですよ!」と思わせる必要があります。



より効果が出るバナーデザインとは

まず、一番簡単で基礎的な方法は、サイトのコンテンツに合わせることです。




例えば、ご自身が車関連のサイトを扱っているとします。そのサイトのバナーに化粧品バナーを置いても成果は上がりづらいです。



車関連のサイトに訪れた人というのは、当然のことながら車に興味を持った方です。車に興味を持つと人いうのは比較的男性が多いイメージです。


当然車好きな女性の方もいらっしゃいますが、その絶対数を比べるとやはり男性が多いです。男性のユーザーが多いサイトに、化粧品のバナーを置いても効果は上がりません。



サイトに訪れる対象者を考えて、その対象者に興味が湧くバナーを設置しましょう。


当事者意識を持たすバナーデザインとは

これは広告でよくある例なのですが、「からあげ半額!!」というコピーでというからあげを売りたいとします。



まず初めに考えることは。




誰に売りたいか  





です。


スーパーをよく利用する主婦の方なのか、食べ盛りの子供なのかなど売りたい層の対象者によって広告の見せ方も変わってきます。




今回の対象者は、仕事帰りの独身サラリーマンという設定にします。




こちらの場合は、ただ単にからあげ画像+からあげ半額という広告よりも、ビールとからあげの画像をセットにした広告の方が効果が上がります。





これは、ビールの画像を追加することによって、「からあげをつまみにビールで一杯やりたいな」という当事者意識が生まれるからです。







このように、バナーデザインでは、まず訴えたい対象者を決めて、その人にいかに自分のこととして捕らえてもらうかがバナーデザインの大切な要素になってきます。



デザインマスターの公式サイトはこちら




バナーデザインのレイアウトまとめ

今回はバナーデザインで迷いがちな、レイアウトを例をまとめてみました。



バナーデザインする際の参考にしてみて下さい。




1.分割してレイアウト



写真などの画像イメージを半分に置き、残り半分にテキストを記載するレイアウト方法です。商品や人物を大きく置くことができるので、よりインパクトを与えることが出来て、目に止まりやすいバナーデザインとなっております。



縦や横などバナーによって使い分けることが出来ますし、配色をくっきり分けることがでメリハリ付くバナーデザインを作成することができます。




2.イメージを全体で使うレイアウト


商品やイメージ画像を全体で使うレイアウトです。



こちらのデザインは全面的に画像を使うので、画像素材で全て決まります。



テキスト部分は、文字数が少ないキャッチコピーを使うことが多く、画像+キャッチコピーでインパクト与えることができるバナーデザインです。




3.イメージを並べるレイアウト



商品が、複数の種類を並べて、「品数が豊富」なところを演出ができ、人物を複数並べることで「賑やかさ」を演出ができるレイアウトとなっております。また、並べるだけではなく、イメージを敷き詰めてたりと応用することもできます。




他にもいろいろな手法があると思いますが、筆者がよく使うレイアウト方法をまとめてみました。




デザインマスターには豊富な素材を用意しておりますので、こちらのレイアウトとデザインマスターの素材を活用していただいて、バナーデザインに活かしてみて下さい。





デザインマスターの公式サイトはこちら

バナーデザインの最大の壁とは…

バナーデザインをする際、その構成というのは大体決まっております。

バナーデザインを作る際に必要なものは…

  • メインコピー

  • サブコピー

  • 背景画像

  • ボタン画像

  • 商品や人物などの画像




大体のバナーデザインでは、これらで構成されております。


ここで、多くの人が時間と手間を取られてしまう作業といえば、


背景画像とボタン画像でしょう。




この2つの作業が出来ないが為に、わざわざ外注でバナー作成を泣く泣く依頼してしまう方も少なくありません。






しかし、この「背景画像」と「ボタン画像」さえ作れれば、本格的なバナーを自分で作れると言い換えることもできます。






デザインマスターがあれば、
豊富なバナー素材とボタン素材があるので、画像作成初心者の方でも、バナーを作成することができます。



デザインマスターの詳細はこちら




背景画像、ボタン画像ありなしを比べた結果…


背景画像、ボタン画像なし






とても味気ないバナーデザインの印象を持たれると思います。




そして、背景画像やボタン画像がないと素人っぽさが明るみに出てしまいます。















しかし、背景画像とボタン画像の素材を使うことでこのようなバナーを自分で作ることが出来るのです!!




デザインマスターの公式サイトはこちら





バナーデザインのコツまとめました!!

バナーデザインを作成する時に、ちょっとしたことを気をつけるだけで、
その効果がかなり変わってきます!!

今回はダメな例を元にそのコツを教えたいと思います。





①文字を揃える


②注目させたい文字のフォントは大きくする







③文字間の隙間があきすぎている文字はつめる





④人物は顔を見せた方が効果あり







完成!!





かなり印象がかわったと思います。


バナー作成の時はこういったちょっとしたバランスで出来不出来が大きく変わってしまいます。

是非これらを参考にしていただき、バナー制作に取り組んでいただきたいと思います。



デザインマスターの公式サイトはこちら

バナーデザインの作り方を比較してみました!!

デザインマスターをご利用していただくことで、非常にコストパフォーマンスにも優れたバナーを作成することができます。

ここで、バナー画像を作る際の手段として最もポピュラーなやり方と比較してみたいと思います。


外注した場合

プロのWebデザイナーにバナーを発注した場合、

こちらは依頼をしたデザイナー、会社等でお値段に違いはありますが、

例えば、リスティング広告用のバナーを発注する場合、約6万円程かかると言われております。

では、なぜこんなに費用がかかるというと、リスティング広告では様々なバナーをつくり、ABテストを繰り返し、試行錯誤の中で、最も効果があるバナーを採用するという方式が一般的です。1つのバナーを採用する為に、ビッグバナー、レクタングルなど何種類ものバナーを用意する必要があります。


なので、1つのバナーにかかる費用が6000円としますと、¥6000×10種類=6万円という金額が妥当だと筆者は考えます。




高機能画像ソフトを使用した場合

某有名画像作成ソフトの正規購入となるとなんと10万円近くのお値段となります。


値段の価値観といいうのは人それぞれなので、一概には言い切れませんが、個人的な感想では「高い」印象があります。しかし、この価格にはちゃんとした理由があります。


こちらの有名高機能画像ソフトは決して「バナーだけをデザインするソフト」ではないからです。


プロの写真家の方が写真を加工したり、ポストカードやポスターなどを制作したり、グラフィックデザイナーがアート作品を作成する為に使用する、「プロ御用達の画像作成ソフト」なのです。


それならこちらのお値段でみなさん納得できると思いますが、「バナー画像のみを作りたい」と思う方には少々高機能過ぎるかもしれません。


こちらのソフトでは、ライセンス契約プランというものもありますので、月々約2200~5000円(年間で約26400~60000円)を支払うことで、使用することも可能です。


期間限定ライセンスソフトの場合

某有名画像作成ソフトのみならず、最近の画像作成ソフトで主流なのがこの「年間のライセンス」制度のソフトです。

こちらは、○○円で1年間ソフト使い放題というものです。

バナー作成に特化したソフトでも1年間約15000円で利用できるソフトというのもございます。

手が届きやすいお値段でソフトを気軽に使えるというのは、かなりお得ですし1年間という短い期間で集中して使う分にはもってこいの商品です。

しかし、バナーのデザインというのは日々進化しなければなりません。

世の中には流行り廃り(はやりすたり)があるのと同じ、バナーのデザインにも流行り廃りがあり、これだ!!という正解は存在しません。

上記にも記述しましたが、ABテストを繰り返すことが非常に大事なことで、バナーの世界では思わぬデザインが効果をもたらすことも少なくありません。

また、毎日のようサイトに訪れているユーザーは毎日見慣れたバナーに興味を示すとは思いません。逆に、同じ商品でもバナーのデザインを定期的に変更することで興味を示してくれる可能性がグッと上がります。


これは、普段見慣れているテレビのCMが新作のCMを出したり、いつも目にする看板が変った時を想像していただければわかりやすいかと思います。



こちらを踏まえまして、あなたは来年の今頃も同じバナーデザインを貼り続けるのでしょうか?


1年間で約15000円のソフトを継続して利用すると、2年で30000円、3年で45000円…という計算になります。


デザインマスターなら9800円~から購入できます。

デザインマスターなら、バナーデザインに特化した製品なので、難しい機能はありません。直感的な操作でプロ並みのバナー画像を何個でも作成することができます。



デザインマスターは、月間、年間のライセンス契約ではございません。ご購入していただいた料金(通常版なら9800円。Pro版なら19800円)以外の追加の料金はいただきません。



自分が納得できるバナーを納得するまで作成することが可能です。



たくさんの画像素材もご用意してますが、外部ファイルの画像のも取り込むことが可能なので、バリエーション豊かなバナーを作ることができます。






デザインマスターの公式サイトはこちら

デザイン性の優れたバナーの簡単な作り方

デザインマスター利用して実際にデザイン性の優れたバナーを作成してみたいと思います。
このデザインマスターを使えば、わずか3ステップでデザイン性が高いバナーを作成することが可能です。

完成品はこちらです。





こちらのバナーをGIMPはPhotoshopを使用してデザインするとなると、大変な時間と労力を費やすこととなります。

(しかも、GIMPやPhotoshopを今まで使用したことがない初心者の方となるとまずその操作を覚えるのにさらに時間と労力を費やすこととなります。)

デザインマスターなら直感的な操作なので、今まで画像作成ツールを使ったことがない方でも、
たった3ステップでデザイン性の高いバナーを作ることが可能です。



3ステップで出来るバナーの作り方

①まずは、バナーの背景を選択します。
豊富なバナー素材からお好きなものを選択します。
今回はこの赤が際立つ素材を選んでみました。






②パーツを集めます。
デザインマスターでは豊富な画像や図形を用意しています。
また、外部ファイルの取り込みの可能なので、色んな画像を組み合わせることが出来ます。

今回は長方形の図形を赤く色付けした画像と外部ファイルよりバイクの画像を用意しました。








③フォントを入力して、編集。そして完成。
フォントを入力したら、フォントの種類、サイズ、色、グラデーション、ドロップシャドウ、アウトラインを直感的な作業でバナーを整えていきます。

これで、バナーの完成です。






通常のバナーデザインですと難しい作業も、デザインマスターの素材を有効に生かすことで、デザイン性の高いバナー画像が簡単に作成することができました。





デザインマスターの公式サイトはこちら

バナー画像のデザインはソフトで簡単に可能です!

デザインマスターはバナー画像やヘッダー画像といった、広告サイトや企業サイト、メディアサイト/ブログなどで必要不可欠な画像素材のデザイン/作成に特化した画像加工ソフトです。

多くの企業では自社の広告バナーや商品紹介バナーを作成するとき、デザイン会社やフリーランサー系のサイトに外注・発注して作成することと思います。しかし、わざわざバナー画像やヘッダー画像といった画像素材を作成するためだけに業者や外注に発注するのは正直、経費も勿体ないですし何よりも時間のロスが大きいです。

アフィリエイターの方やブロガーの方であれば、バナーのデザインは自分で作成することが多いかもしれません。ところが一般のフリーソフトなんかでは、なかなかプロのような格好いいバナー画像が作れずに困っている方も多いようです。デザインマスターは、ある意味こういったバナー画像やヘッダー画像の作成に特化した画像加工ソフトなので、素人でも簡単にレベルの高いバナー画像の作成が可能です。


WS000028 - コピー



※上記バナー画像はデザインマスターで作成したものであり、下地素材や文字装飾などは全てデザインマスターの機能を利用しています。人物素材や商品画像素材はご自身でご用意していただく必要があります。また利用できるフォントはWindows標準でインストールされているものに限ります。




デザインマスターで簡単にバナー画像が作れる理由


一般のフリーソフトを使ってもなかなかカッコいいバナー画像が作れない。かといって、PhotoshopやIllustratorといった高機能ソフトは扱える人材がいない。その場合でも、デザインマスターであれば簡単にバナー画像の作成が可能です。その理由をちょっとだけお話します。


あらかじめ豊富な画像素材が揃っている


WS000030
デザインマスターにはあらかじめソフト内に60枚のバナー素材、100枚のヘッダー画像素材などたくさんの画像素材が含まれています。ソフトでの作業は、好きな画像素材を選択して、そこに「商品画像」や「文字」を乗せるだけでOKです。これがデザインマスターが初心者でもカッコいいバナー画像が作れる理由です。

バナーやヘッダー画像を作成するときに、一番難しいのって実は下地となる画像素材をどうやって作るか、という部分なんです。文字や商品画像を載せるだけなら簡単にできますからね。

デザインマスターでは、プロのデザイナーが作成した画像素材をただ組み合わせるだけで、誰でもバナー画像が作れる、という新しいコンセプトのもとに開発されました。さらにバナーなどの画像素材だけでなく、ボタン画像や矢印画像、アイコン画像なども多数取り揃えています。


 

文字の装飾機能が充実しているから便利!


WS000033
単に「バナーの背景画像素材に文字を乗せるだけ」といっても、一般のフリーソフトではなかなか文字を載せることさえも一苦労です。一般のフリーソフトでは、文字にグラデーションをかけたり、2重に縁取りをしたり、シャドウをつけたり、といったプロが一般的におこなっているような装飾処理が困難です。

デザインマスターであれば、難しいグラデーション処理の知識などがなくても、あらかじめ用意されたグラデーションのパターンから好きな色を選ぶだけで、簡単に文字にグラデーションを載せることができます。文字にグラデーションをかける、これがプロのようにカッコいいバナー画像、ヘッダー画像を作るさいの1つの重要なポイントになります。



 バナー画像以外にも便利な機能が盛りだくさん!


デザインマスターではバナー画像作成以外にも、たくさんの便利な機能を豊富に取り揃えています。会社などのコーポレートサイトの作成、商品紹介のランディングページの作成、ブログの作成、アフィリエイトサイトの作成、など幅広いWEBサイトの作成に汎用的に使える機能を一挙に紹介します。WEBサイトを運営している方であれば間違いなく必見です。



ヘッダー画像の作成ができる

 

WS000034

100枚のヘッダー画像素材から素材を選択して文字を載せるだけで、簡単かつ短時間でオリジナルのヘッダー画像作成が可能です。WEBサイトの見た目の印象は、ヘッダーバナーに大きく左右されます。
こちらは主にアフィリエイターなど、自サイトやブログを複数運営する方で、低コストで見た目の綺麗なヘッダー画像を作成したい、といった方にお勧めの機能です。



ボタン画像の作成ができる

 

WS000035

商品紹介リンクや誘導リンクは、テキストで書くよりもボタン画像を作成したほうが、見栄えも良いですし、目立つためにクリック率が高くなる傾向があります。

デザインマスターは、ボタン画像に関しても多数の素材を取り揃えていますので、こちらも文字を載せるだけでクリック率の高いボタン画像の作成が可能です。





商品パッケージ画像が作れます


デザインマスターは独自の3D加工機能を搭載しているため、「表紙の画像」と「側面表紙の画像」の2枚を用意するだけで、それを立体化させて3Dボックス(パッケージ画像)を作成することが可能です。


テーブルのCSSが作れます


何かとタグまわりのややこしいテーブル(表)が簡単に作れます。また最近のデザイン性の高いテーブルは、HTMLだけでなくCSSなどを使うのが一般的ですが、デザインマスターであればCSSも一緒に作成できます。入り組んだ構造のテーブルの作成にぜひご活用ください。

チェックリストが作れます


ポイントをまとめたり、整理したり、といったチェックリストや番号リストというのは、アフィリエイトサイトやランディングページなどでも頻繁に使われますよね。あのチェックリストや番号リストの作成にも、画像素材やCSSが必要になりますが、デザインマスターであれば直感的な操作でこれらの作成が可能です。




デザインマスターはこんな方にお勧めです!!


 
  • 副業でアフィリエイトサイトを作っている方
  • 会社でサイトやホームページを運営していて経費を節約したい方
  • ランディングページ用の画像アイテムやバナーを作りたい方
  • 今すぐ短時間でバナー画像を作りたい方

=================================–>


デザインマスターの公式サイトはこちら

業者に発注する場合との比較

バナーデザインの依頼をおこなうとき、業者に発注をかける、というのが中小企業や個人事業主の場合、もっとも一般的ではないでしょうか。たしかにそれも選択肢としてはアリですが、弊社のデザインマスターを使えば自社や個人でもそれなりに見栄えの良いバナー画像の作成が可能です。

外部発注のメリットとデメリット

外部に発注をかけることのメリットは、「それなりに料金をかければ、クオリティーの高い画像が納品される」「自社で作成する時間を節約できる」などがあります。やはり、本当に良いプロのデザイナーを選んでバナーデザインを依頼すれば、かなりクオリティーの高いバナー画像も期待できます。

一方デメリットもあります。デメリットは、バナー画像1枚依頼するごとに費用が発生すること、料金が自社でツール等で作成する場合にくらべて割高になること、個人デザイナーやランサーなどに依頼した場合、依頼した相手によってクオリティーにかなり差ができてしまうこと、などです。

弊社のデザインマスターは、外部にバナーデザインを委託するのではなく、自分で(自社で)バナーデザインをしよう、というコンセプトで開発された商品です。買いきり型のソフトなので、一度購入すれば何枚でもバナー画像の作成が可能です。ちょっとしたコツを会得すれば、そのへんのフリーランサーに1枚1万円でバナーデザインを依頼するよりもクオリティーの高いバナー画像を作成することができます。




こんなバナーもデザインマスターで作成することが可能です。




デザインマスターの公式サイトはこちら


今すぐバナー画像が必要!という場合は外注よりツールが早い

ECサイトをやっていると、「今すぐにバナー画像が必要だ!」という場面は多々あると思います。ランディングページの作成や、ちょっとした緊急キャンペーンの告知、アフィリエイターや広告用のバナー、などの作成にしてもそうです。

「今しかやっていないキャンペーンがある」「もうすぐ増税だから今すぐキャンペーンを打ちたい」「今月あと1週間だけど、すぐに広告を打ちたい」そういった場面で、デザイン会社や外注を通してバナー画像を作成、発注していると、どうしても初動が遅くなってしまいます。そういった場合、ひとつ、簡単なバナーデザインソフトなどを持っていると、自社ですぐにバナー画像の作成が可能です。

時は金なり!!!

もちろん、本気のデザイン会社が作成したバナー画像には勝てませんが、誰でもちょっとしたコツを抑えれば、それなりに見栄えのいいバナーデザインができます。それが弊社のデザインマスターです。詳細はトップページでも告知しています。



デザインマスターの公式サイトはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ